男性が転職するときにおすすめの資格とは?

男性が転職する時には、なぜ資格がおすすめなのか

男性が転職をする際、資格を持っていると有利だという話を耳にしたことがあるかもしれません。
これは、事実です。

ではそもそもなぜ、資格があると転職に有利なのでしょうか。

それは、応募者側の都合ではなく、採用側の都合が大きな要因となっています。

採用担当者は、面接などの選考の前に、まず書類での選考を行います。
この時の書類の数は、人気の企業ともなると膨大なものになります。

その時、履歴書に資格の記載があると、採用担当者は客観的に応募者の技量を推し量ることができます。

志望している業界に対して職歴が浅い、もしくは未経験であったとしても、関連した資格を持っていればそのマイナス面をカバーできます。

これが、転職において資格が必要とされる要因なのです。

資格を持っていると転職に有利なことは分かった。では、どんな資格を持っていればいいのか。ご紹介いたします。

日商簿記検定

通称「簿記」とも呼ばれる資格です。

簿記とは、経営関連資料の読み取りと財務関連知識の基礎取得を目的とした資格です。

「経理になろうとしてるわけじゃないんだから、簿記なんていらないよ」と思われたあなた! 甘いです!

簿記を持っているという事は、つまり「会社の数字が分かる」ということ。

つまり、採用者側に「将来的に管理職にまで登用することのできる人材」という認識を与えることのできる資格なのです。

会社の数字がまったく分からないという人は、少なくありません。
その中で日商簿記検定を持っているという事はアドバンテージになるのです。

中小企業診断士

日本に存在する企業の大半は、中小企業です。大企業はほんの一握り。

中小企業診断士は中小企業の経営を診断し、助言を行う事のできる資格です。
中小企業診断士の資格は今、大変人気のある資格で、また今後もニーズが高まっていく資格と言われています。

まとめ

転職において資格とは、採用者側へ客観的な実績をアピールする為のもの。

その中でも、業界にとらわれずに、広く有用なのが「日商簿記検定」と「中小企業診断士」なのです。

転職を考えられている方は、まずこの2つの資格を習得することを目指してみてはいかがでしょうか。

男性が転職するときにおすすめの資格とは?

40代男性が転職するときに気を付けること

40代の転職活動はこれまでの転職活動とはまるで違う!

40代で転職を考えている男性の皆さんは、40代の転職についてどのようなイメージを持たれているでしょうか。

もし、これまでの20代や30代の頃と同じだと思っている場合は要注意です!

40代の転職はあなたが思っている以上に厳しいものです。
しかし、悲観的になりすぎることもありません。

きちんとポイントを押さえておけば、不利なことばかりではないのが40代での転職。

そのポイントを見ていきましょう。

40代の転職で求められるのは「即戦力」

40代で転職をする際、採用する側の人間はなにを考えているでしょうか。

それは、採用する側に立ってみればすぐ分かります。

40代の人間を雇って、一から業務内容を研修によって教えて育てていきたいと思うでしょうか?
そんなわけありませんよね。
もし、「一から人材を育てたい」と思っているとしたら20代や30代といった若い人材を採用するはずです。
若い人材の方が物覚えも早く、また余計な知識を持っていないので、教える側も楽です。

それに対して、40代の転職で求められるのはずばり「即戦力」です。

あなたが応募先の企業に入社して、すぐにできることはなんですか?
すぐに価値を提供できるのはどのような知識やスキルでしょうか。

それを棚卸しして転職活動を始め、選考に臨むことが大切になってきます。

40代の転職で求められるもう一つの力、「マネジメント能力」

40代の転職でもう一つ求められる力、それは「マネジメント能力」です。

40代ともなれば、後輩を育て、組織を束ねる側に回るのは当然のことです。

それは、転職先の企業でも同じこと。どういった職種であれ、企業という組織で働く以上、人を束ねるマネジメント能力は求められてきます。

今までの自分の実績の中でマネジメント能力と呼べる力を発揮した仕事はどんなものだったのか。

それをきちんと把握しておきましょう。
そして実際の選考ではそのマネジメント能力を必ずアピールするべきです。

まとめ

40代の転職は、確かに苦しい面もあります。

しかし皆さんには20代や30代の頃には備わっていなかった知識と実績が備わっているはずです。

それをきちんと自分で把握してから転職活動を開始するようにしましょう。

40代男性が転職するときに気を付けること

埼玉で正社員の転職する方法

埼玉で正社員の転職を目指すには

埼玉を拠点として正社員の転職を目指す方法は、大きく分けて2つのステップに分けられます。

その方法をご紹介します。

大手転職サイトに片っ端から登録する

まずは大手転職サイトに片っ端から登録しましょう。

大手転職サイトは、地域別の求人を掲載していることがほとんどで、求人案内についても地域別で受け取る、受け取らないを設定できます。

また、この時点で重要なのはなるべく多くの転職サイトに登録すること。

求人情報はサイトによって内容が異なります。
求人に多くの予算を割ける大手企業の場合はいくつものサイトにまたがって求人情報を載せていることも少なくありませんが、通常は1つのサイトに載せている事が多いのです。

ましてや、埼玉に拠点を置く、地方特化型の企業ですと、尚更1つのサイトにしか求人情報を載せていない可能性が高いのです。

自分にマッチングするサイトがそこの転職サイトに求人を出しているかなんて分かりませんから、まずは主要な転職サイトには登録しておくようにしましょう。

埼玉に特化した求人ページをチェックする

「SAITAMA Kyujin Page」という転職サイトをご存知でしょうか。
(http://saitama-work.net/)

こちらには埼玉に拠点を置く企業の求人が2500件以上掲載されています。

営業、事務、SE、webデザイナーなどの職種別に求人を探す事もできますし、埼玉県すべての市町の地域ごとに求人を探す事ができます。

また、こちらの「SAITAMA Kyujin Page」では「正社員の求人情報」にこだわって求人を載せていますので、2500件その全ての雇用形態が「正社員」になっています。

埼玉県で正社員の転職を目指している方にとっては必ずチェックするべき求人サイトです。

まとめ

埼玉県を拠点として正社員の転職を目指す場合、とるべき戦略はとてもシンプルです。

まず、大手転職サイトに登録し、地域を限定して新着求人情報を受け取る。
そしてそれと同時進行で「SAITAMA Kyujin Page」にて地域に特化した求人情報を集める。

この2本柱の戦略で、埼玉県での転職を成功させましょう!

第2新卒 求人 神奈川

埼玉で正社員の転職する方法

男の転職でおすすめの方法

男の転職でおすすめの方法は2つだけ!

男が転職を考えた時、おすすめできる方法はたった2つだけです。

転職活動を初めてする場合、一体なにからしたらいいんだろう!?とパニックになってしまいがちですが、方法は実にシンプル。むしろ、色々とごちゃごちゃ考えるだけ動きが鈍くなってしまいがちです。

ではその方法とはなにか。ご紹介します。

転職サイトに登録する

まず、なにをおいても転職サイトに登録しましょう。
職務経歴書を作ったり、履歴書を作ったり、自己分析をしたりする前に、まずはサイト登録!

理由は、サイトに登録してみると分かります。

転職サイトに登録すると、まず自分の経歴を入力する事から始まります。
ここで、自分の経歴を棚卸しします。

いきなり職務経歴書や履歴書を書くよりも、サイトが用意してくれるフォームにしたがって入力していく方が遥かに楽で、効率的です。
そしてその結果を元に職務経歴書や履歴書を作成していきましょう。

そして、自分が興味のある業界や職種を入力することで、サイトから勝手に求人情報が流れてくることになります。

そこで気になった企業があったら応募してみてもいいですが、その間にするべきことがあります。

それは、自己分析です。

先ほどサイトのフォームに従って入力した自分の経歴や、これまでの仕事を振り返ることで自分に向いている仕事はなにか、また自分はなにをしたいのかを明らかにするのです。

そして、それが明らかになった所で次のステップへ進みましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントという単語を知っていても、転職エージェントが実際に何をしてくれるのか把握している人は少ないものです。

転職エージェントは以下のような活動を通して転職者を支援してくれます。

・履歴書・職務経歴書の添削
・模擬面接を通じた面接移動
・(サイトには載っていない)求人紹介

履歴書や職務経歴書について、採用者目線でアピールポイントなどを明らかにする手助けをしてくれます。
また、模擬面接を通じて、面接で自分がアピールすべきポイントも教えてくれます。

そして最後に、これが最大のポイントなのですが、エージェントのみが持っている求人情報を提供してくれます。
エージェントが持っている求人情報には、通常、転職サイトに載っていないものやHPなどで公開されていない情報も含まれています。

この事から見ても、転職エージェントを使用しない手はないでしょう。

まとめ

転職を考え出した男性がまずすべきことは、転職サイトへの登録です。
そして、その後履歴書や職務経歴書を作成し、自己分析で転職先の方向性を定めたら転職エージェントへ申し込みましょう。

この流れが一番効率の良い転職活動の方法です。是非、頭に入れておきましょう。

男の転職でおすすめの方法

40代の男が正社員で転職できるまで

40代の男が転職を考える時にまず初めにすべきこと。

40代での転職は厳しい。それが、一般的な認識です。

確かに、20代や30代に比べると求人が減ってしまったり、書類で落とされることが多くなったりと、厳しいのは事実。

しかし、きちんとやり方を間違わなければ40代の転職は20代や30代の転職よりもスムーズにできる事も多いのです。

その為にまず、なにをすべきか。それは「自分がしてきた仕事の棚卸し」です。

今あなたは40代という節目を迎えていますが、これは、学校の卒業を控えて行っていた就職活動の頃とはまったく状況が違います。

あなたは、これまで社会に出てこなしてきた「実績」という武器があります。

なにも、「大きなプロジェクトを成功させた」といったような分かりやすい成功体験がなければいけないというわけではありません。

今日まで働いて来たあなたには、必ず蓄積された実績があります。それをまず、棚卸ししましょう。

自己分析を徹底的に行う

これまでの仕事の棚卸しができたら、次にその実績を元に自己分析を行いましょう。

40代正社員での転職では、以下の能力が求められます。

・経営者視点
・マネジメント能力
・即戦力と言える力

自分の実績の中から「経営に関係する仕事」「マネジメントと呼べる仕事」こうした実績を探し出し、メモします。
そしてこれらのポイントを選考でアピールするのです。

そして、最後に「即戦力」となれる力。
40代の転職では、転職先で丁寧に研修を行ってくれることなどほとんどありません。
すぐに、その会社の戦力とされる能力。それが求められています。

「この仕事ならばすぐにでも力を発揮できる」という能力が自分にないか。それを棚卸ししましょう。

スケジュールを決める

そして次のポイントは「スケジュールを決める」こと。
転職活動は、思っている以上に体力を消耗します。その為、いつまでもダラダラと続けていると、結局どこにも決まらず、失敗してしまうというケースが少なくありません。
そしてそれは、体力が衰え始める40代の転職活動ではなおさらの事。

いつまでに内定を取るのか。そしてその為にその月にはなにをすればいいのか。その週にはなにをすればいいのか。そして、では今日なにをすればいいのか。

ここまでスケジュールを落とし込むことが、40代で正社員の転職を目指す際に重要になってくるのです。

まとめ

40代の正社員への転職は、確かに厳しいです。

しかし、40代にしかない強みがあることも確かです。
その為にも、まずは自分の能力を正しく棚卸ししましょう。

そして、スケジュールを具体的に立て、途中で挫折することのないよう転職活動をすすめる。

それが、40代で正社員の転職を目指す最大のポイントなのです。

40代の男が正社員で転職できるまで